長瀬渉 ~nagase wataru~

wataruno.exblog.jp
ブログトップ
2012年 01月 08日

電気窯のリメイク

中古で買った電気窯をリメイクします。
b0135432_117142.jpg

まずは古い線を取り除きます。
窯を痛めないように丁寧にピンを外していきます。
現場監督のムーア
b0135432_1521677.jpg

新しい電熱線を貼っていきます。
b0135432_274931.jpg

俺は窯に入って身動きできなかったのでケーコさんが線貼り担当。
b0135432_210118.jpg

窯の蓋を持ち上げる手動クレーンも取り付けます。谷本自動車のヒロさんが手伝ってくれました。
b0135432_2114344.jpg

最後に底の熱線を貼りリメイク完了!!壁も塗り替え新品同様!!
b0135432_2125882.jpg

ちなみにもとの状態。線が焼け切れた跡もなく還元がきれいにかかっていたと思われます。
b0135432_2164830.jpg


さて俺なりの中古の窯選びのポイント
・生産者がわかる。製造元で製造された中古を買うのが一番。
・窯が重い。軽い窯は耐熱ボードを使って安価に作られたものも多く耐久性に不安を感じます。
・フレームがしっかりしているもの
・綺麗な状態の中古窯は窯ぐせが解りにくいのである程度使い込んだ窯が使用状況の情報が多く、俺は好きです。還元がかかりにくい、温度ムラがあるなど、粗悪品が出回ったりするので綺麗な窯は念入りに業者さんと相談すること。綺麗な窯で当たりを引けばラッキーだし。
雨ざらしやただ古いだけ等の粗悪品は論外ですけど。

その他いろいろ要点はありますがおおざっぱにこの条件が満たしていれば問題ないんじゃないかと思います。参考になれば。




いつもありがとうございます。
できれば肉球をポチッ↓
b0135432_275317.gif
[PR]

by nagasewataru | 2012-01-08 14:10 | つれづれ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://wataruno.exblog.jp/tb/17562018
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 電気窯の薪投入口をつくる。      薪還元用電気窯購入!搬入編 >>