長瀬渉 ~nagase wataru~

wataruno.exblog.jp
ブログトップ
2012年 09月 10日

黄金井さんからのプレゼント~最上川舟唄~

ライブ終了後、黄金井さんからステキなステキなプレゼントをいただきました!!
b0135432_5241677.jpg


・・・の前に、ちゃんとご報告していませんでしたが今年、俺とケーコさんは結婚式を挙げていまして、その後の忙しさで写真を整理しきれていません・・・。近々このブログでもきちんとご挨拶が出来ればと思っています。

そんな事で、黄金井さんからのプレゼントというのは結婚祝いです。
黄金井さんに「渉ちゃんの好きな唄プレゼント」と言ってくださったので「最上川舟唄」をリクエスト!!
「最上川舟唄」は、俺とケーコさんの故郷である「山形」の民謡。山形県民なら絶対聞いている、とってもとっても馴染み深い曲でして、しかもケーコさんの生まれ育った場所がこの唄の難所として登場してくる超地元の曲です。
ずいぶん前のライブで俺とケーコさんが山形だからとリハの時に唄ってくれたことがあります。どうしても、もう一度聴きたい曲でした。

黄金井さんの最上川舟唄 動画→http://www.youtube.com/watch?v=axUtM0GwEtA


方言や訛りがあるので山形県民以外の人(山形県人でもむずかしい)はさっぱり内容がわからないと思うので歌詞の内容を書いておきます。

「オレはこれから酒田に行くのでしばらく留守にする。留守中は達者でいてくれよ。流行風邪なんかひかないようにな

酒田の女はしょっぱいので食えない、町に行っても浮気なんかしないから安心しろよ

難所を無事に越えた安堵の便りを家郷の船頭に頼む

あの娘さえいなかったら、オレはこんなつらい船乗りなんかしていなかったけど、こんなつらい仕事はいとわないほどあの娘が好きだ

逆風であれば、別れぎわも名残りを惜しむことができるけど、あいにく舟は進んでしまう。だから、お前の前から早々と去ってしまうけどそれはオレの本意ではなく風のせいだ。だから風を恨め

こんな辛い賃仕事をしても稼ぎはわずかなんだけどあの娘のためだがんばろう」


という解釈の唄です。

「ヨーイサノ マッガーショ エーンヤコラマーガセ エエンヤア エーエヤア エーエ エーエヤア エード」は船頭が櫓を漕ぐときの掛け声。
一説によるとヘブライ語がルーツだといわれています。
平安と喜び溢れる「神の泉」「我が神の証」と言った意味らしいです。

曲の最後にみんなで「おめでとーー」と
b0135432_6551892.jpg

そして「わたるー、ケーコちゃーん」と呼ばれ
b0135432_657096.jpg

波佐見町の方々のあたたかい拍手の中で黄金井さんと記念撮影
b0135432_658697.jpg

黄金井さんの粋なはからいでとってもステキな思い出になりました。ありがとうございます!!!
b0135432_6595666.jpg


 











いつもありがとうございます。
できれば肉球をポチッ↓
b0135432_275317.gif

by nagasewataru | 2012-09-10 13:09 | つれづれ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://wataruno.exblog.jp/tb/18956680
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 黄金井脩ライブ~打ち上げ~      黄金井脩ライブ~第2部~ >>