長瀬渉 ~nagase wataru~

wataruno.exblog.jp
ブログトップ
2014年 06月 13日

陶ブローチ物語 ~山形・柿市に向けて~

山形限定のサクラマス、原型から型をおこして捨て型を作り、型の型を作って使用型を作ります。という早口言葉のような工程を経て増産します。
そしてこれが原型、土の風合いを無くさないように原型は粘土をそのまま使用。
b0135432_23425562.jpg

増産し終わった粘土ブローチは800度の素焼きをします。
素焼きが終わったらトラスネにて総出で絵付け作業。
b0135432_23454264.jpg

下絵付けの一色一色、線描きから「彩(ダミ)」(表面張力を使ってフワッと塗りつぶしていく陶芸ならでわの彩色法)まで一つ一つ手作業なんです。
b0135432_2354140.jpg

そして絵の具もほとんどが「ながせ陶房」オリジナル。工房で作っているんです。市販の発色の良すぎるものはあえて使わず、色ムラや変化が起こりやすい絵の具を作っております。同じものが2つとないようにと考えてのことです。風合いも土らしさがでます。アリナに言わせると顔の表情も全部違うそうです。
アリナお手のもんです。
b0135432_23554693.jpg

新キャラのサクラマスは俺の担当、背中の紺色は酸化コバルトと二酸化マンガンを混ぜたもの、こだわりはウロコ、釘で絵の具を引っかいて線を付けました。ちゃんとダミで濃淡も出していたりとコリにコっています。
b0135432_054611.jpg

そして柞灰釉も自家製。釉掛けして天日干し
b0135432_0183212.jpg

そんでまだ窯の引越しをしていないのでトラスネから西ノ原のながせ陶房まで運びます。我が子のように大切に大切に
b0135432_02148.jpg

我が子と共に♪
b0135432_022724.jpg

そして窯焚き、セラミックファイバーやグラスウールなどを蓋にもりもりっと乗せますと高温帯の伸びが違います。省エネ省エネ♪
b0135432_0371595.jpg

焼きあがったブローチは底をヤスってピン付作業です。ウチのガチャ職人さん達は早いです!
ケーコさんが接着剤を付けて・・・
b0135432_050254.jpg

アリナが付ける!ナイス連携!
b0135432_051684.jpg

そして梱包、プチプチで巻いて小袋に詰める。
b0135432_0565347.jpg

テープは開けやすいようにと粘着の弱いマスキングテープを使うなどさすがガチャ職人、色々考えております。
b0135432_057794.jpg

そして種類ごとに分けてガチャカプセルと共に発送!カプセル詰作業は会場の清水さ~んよろしく~!
b0135432_0593938.jpg

という感じで一つ一つ丁寧に手作業で作っています。
このクオリティを500円のガチャガチャで手にできます。すごいでしょ!

ちなみに一種類10~15個、人気のテルテルムーアがちょっとだけ多めです。そんで隠れレアキャラも入っています。
今回送ったのと山寺のながせ陶房分を合わせて合計150個以上はあるんじゃないかな~?

なくなり次第終了なので欲しい!って方は初日に行ってください。前回は途中でなくなっちゃったそうです。







柿市 ガチャガチャ設置情報
山形市嶋南2丁目7-18
 鎌田工務店 嶋南モデルハウス+2ndモデルハウス 2会場同時開催
(カワチ薬品さん駐車場南の道を西へ入り、次の十字路を左へ曲がり直進して下さい。)
電話:023-681-5250
開催期間: 6月14・15日  11:00-16:00 



詳細
b0135432_2325773.jpg



いつもありがとうございます。
できれば肉球をポチッ↓
b0135432_275317.gif
[PR]

by nagasewataru | 2014-06-13 11:53 | つれづれ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://wataruno.exblog.jp/tb/22775635
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 2014トーキ市終了~! 搬出      山形・柿市に「陶ブローチ ガチ... >>